Peter Selinger 2001-2019によって書かれたpotrace 1.16によって作成されました

PTCクラウドの医療用テンプレート

Sconceは、In-Vitro Diagnosticsのグローバルリーダーと提携して、製品情報管理を改善しました。 

ビジネスチャレンジ

  • e-Matrixで開発されたお客様のレガシーシステムは有効期間に達していたため、頻繁な停止とサービスコールによりビジネスが大幅に中断されました
  • 従来のシステムは業界のベストプラクティスに従って構築されていなかったため、多数のプロセスのギャップがありました
  • CADデータはWindchillで管理されていましたが、その他の重要な製品情報–ドキュメント、DHF、DMR、BoMは統合なしでe-Matrixで管理されていました
  • 製品の不適合、CAPA、および監査は、統合せずにTrackWiseで個別に管理されていました

ソリューション

  • ビジネスビジョン、現在のプロセスのギャップ、システム全体の状況を把握するために、PLMロードマッピングワークショップセッションが実施されました
  • 製品データが企業全体で単一のデジタルスレッドの下で管理されるようにするための詳細な複数年のフェーズごとの実装計画を提案しました
  • 既存のWindchill PLMをPTCクラウドに移動し、フェーズIの一環としてCreoデータ管理を実装しました
  • PTC Windchill Medical Device Solutionを実装し、電子署名承認プロセスを構成して、DHFおよびDMRドキュメントをレンダリングとともに管理しました。
  • WindchillのOOTBフレームワークとベストプラクティスを活用して、エンドエンドのクローズドループ変更管理プロセスを実装しました。実装にはカスタマイズは含まれず、プロセスは完全に構成されました。
  • 変換ツールの社内リポジトリとWindchill Bulk Migratorを使用して、標準ドキュメント、DHF、DMRレコード、レガシーシステムからの変更レコードをe-MatrixからWindchillに移行しました。
  • 今後のフェーズ
  • Windchillにエンジニアリングおよび製造の部品表管理を実装し、従来のBoMをe-MatrixからWindchillに移行
  • 現在、Windchill QMSプロセスを実装して、製品の不適合、CAPA、および監査を管理しています。
  • Windchill PLMとSAP CRMを統合して、SAP CRMで管理されている顧客の苦情からの製品変更を推進する

利点

  • 複数のシステムを管理するITの労力を約30%削減
  • 製品情報が単一のシステム(ドキュメント、変更、CADデータ)に統合され続けるため、全体的なプロセス効率は〜20%向上しました。
jaJapanese