Peter Selinger 2001-2019によって書かれたpotrace 1.16によって作成されました

PLM-ERP統合

PLMとERPシステム間の自動ハンドシェイクにより、ポータル電力製造コングロマリットの90%による手作業を削減

ビジネスチャレンジ

  • お客様がWindchillからERPに製造情報を手動で転送していたため、データ入力エラーが発生し、作業のやり直しや時間のロスにつながりました。
  • サポートされていないPLMシステムバージョンによるリスクと安定性の問題の増加
  • 市場機会の遅延–製造時間の短縮
  • 統合システムの欠如による製品エンジニアリングのコストの増加

ソリューション

  • Windchill PLMをスケーラブルなサポートバージョンにアップグレード
  • Windchill MPMLinkを使用した製造プロセス管理用の堅牢でスケーラブルなソリューションを設計および導入します
  • シームレスなデータ転送のためにミドルウェアTIBCOを使用してPLMをERPシステムと統合します。
  • ERPからWindchill MPMLinkシステムへのルーティングの移行
  • ユーザーのスムーズな移行と新しいシステムの採用を確保

利点

  • エンタープライズシステム間でデータを転送するのにかかる時間を90%短縮
  • 迅速な導入–当初計画されていたタイムラインから75%以内にプロジェクトを完了
jaJapanese