Peter Selinger 2001-2019によって書かれたpotrace 1.16によって作成されました

クラウドへのPLMの移行

Fortune 500企業のフルマネージドクラウドプラットフォーム(SaaS)に移行することにより、グローバルPLMフレームワークの総所有コストを削減

ビジネスチャレンジ

  • お客様には、開発、テスト、本番など、複数のWindchill環境がありました。また、世界中に複数のサイト複製サーバーがあり、保守と運用にかなりの時間がかかっていました。
  • アップグレード、メンテナンス、トラブルシューティングなど、オンプレミスで複数のシステムを管理することは、リソースが限られており、大きな課題であり、費用もかかりました。
  • PTC Creo Parametric、Creo Elements / Direct、AutoCAD、Inventorなどのビジネスで使用される複数のCADオーサリングアプリケーションとそれらの相互依存性は、大きな課題でした。

ソリューション

  • PLMフレームワークを詳細に調査し、PLMフレームワーク全体をPTCがホストするフルマネージドクラウドに移行するためのソリューションマップを作成しました
  • 導入されているビジネスのカスタマイズを完全に理解することで、クラウドへの同じものの展開を戦略化し、ビジネスの継続性を確保しました
  • 「フォローザサン」アプローチに従って機能するオフショアチームをセットアップし、L1〜L4関連の問題についてグローバルチームをサポートします。
  • 効果的なDevOpsモデルを通じて継続的なPLMの機能強化/ビルドを管理するプロセスを提示
  • ステークホルダー/リーダーシップがアクセスできる透過的なステータスダッシュボードによる体系的なメンテナンスとサポートにより、シームレスなコミュニケーションを確保します。

利点

  • 多数のユーザー(ヘビー&ライトユーザー)が、運用可能なPLMクラウドシステムを使用しています(お客様からの管理サポートは非常に限られています)。
  • クラウドでホストされているWindchill 11に導入された9以上のよく計画されたビルド
  • 複雑さによるカスタマイズ作業の境界を定めたメトリクスダッシュボードは、ビルド管理時間が情報に基づいた決定を下し、それによって15%によってその作業を削減するのに役立ちました。
jaJapanese