Peter Selinger 2001-2019によって書かれたpotrace 1.16によって作成されました

TeamcenterとAWCのアップグレード

世界をリードする建設機械メーカー向けのアクティブワークスペース実装を含むTeamcenter PLMの完全な刷新により、50%プロセス効率を達成

ビジネスチャレンジ

  • UNIXベースの、サポートされていない、TC ENG 2005 SR1。エンジニアリング、サプライヤー、フィールドサービス、製造現場、購買/調達、品質、および組織内の他のグループなどのさまざまな部門で使用される完全にカスタマイズされたTeamcenterシンクライアント。
  • Windchillなどの他のPLMツールからのデータインポートの必要性、およびBAANやeコマースなどのERPシステムとの統合の必要性
  • TC ENG 2005 SR1は、Siemens PLMでサポートされなくなりました。したがって、同様のカスタムシンクライアントとBAAN ERPとの統合とWindchillからのデータインポートを統合した最新のTeamcenter PLMにアップグレードする必要がありました。

ソリューション

  • Teamcenter Engineering 2005 SR1からTeamcenter 10.1.5へのTeamcenter環境の複雑な多段階アップグレードとアクティブワークスペースクライアントの実装
  • エンジニアリング、サプライヤー、フィールドサービス、製造現場、購買/調達、品質、および組織内の他のグループなど、さまざまな下流部門にカスタムシンクライアントユーザーインターフェイスを提供
  • ダウンストリームのコラボレーションとデータ交換のために、BAAN ERPシステムとMS SharePointとのシームレスな統合を構築する
  • Windchillのような他のPLMシステムからのデータインポートのためのソリューションの提供
  • セキュリティのための高度なセキュリティ(IP分類)および透かし/スタンプの提供

利点

  • 調達プロセス/ RFQプロセス、フィールドサービスグループ、ERPおよびEコマースシステムとのTeamcenter統合による製造現場グループの20%から30%による効率の向上
  • CAD、CAE、設計チームの効率を30%から40%に改善
  • Teamcenterのカスタマイズを使用したデータ交換とコラボレーションの自動化により、手動の作業が置き換えられ、プロセスの効率が50%から60%に向上しました
  • Teamcenter OracleからSQL DBへの移行により、ライセンスコストが削減され、多大なコストメリットが得られました
jaJapanese