Peter Selinger 2001-2019によって書かれたpotrace 1.16によって作成されました

バリアントとxBom管理

環境廃棄物管理会社向けのWindchill PLMを使用した製品バリアントおよびプロセス計画管理の改善

ビジネスチャレンジ

  • 顧客が要求した製品構成が以前に構築されたものか、エンジニアリングが必要かを手動で判断する必要があったため、顧客は製品バリアントを管理する上で大きな課題を抱えています。
  • PLMシステムからJDEdwardsへの製品情報の現在のデータ転送は、非常にエラーが発生しやすかった
  • 製造はPLMシステムに慣れていないため、製造に必要なプロセス計画を生成できませんでした
  • 設計から製造までのシームレスなスレッドが存在しなかったため、時間と効率が失われました

ソリューション

  • Sconceは、製品バリアント管理から製造プロセス管理まで、エンドツーエンドのPLM駆動のビジネスプロセス自動化を提案しました
  • ブループリント演習を実施して、「現状のまま」を理解し、お客様のビジネスプロセスを補強してギャップを埋めることができる目標状態を定義します。
  • Windchill MPMLinkとJDEdwards間のシームレスな双方向統合により、生産情報(部品、BOM、ルーティング、変更通知)を交換
  • 過負荷のスーパーBOMから生成されたバリアントmBOMおよびバリアントプロセスプランのECO駆動リリースサイクルを展開
  • カスタムオーダーと既製のオーダーを促進するために以前に構築された製品のバリアントをチェックする自動化された方法を導入

ビジネス上の利点

  • 製造エンジニアは、Windchill MPMLinkを実装した後ではなく、1日で4つのプロセスプランを完了することができました。
  • Sconceのカスタムソリューションは、製品が構成された後に重複するバリアントをチェックするため、手動検証と比較して、設計者の40%時間を節約できます。
jaJapanese